ページ本文へ
サンドラッグ
ホーム > サンドラッグファーマシーズ > サンドラックファーマシーズの取り組み > 在宅医療への取り組み
サンドラッグファーマシーズ

サンドラッグファーマシーズは調剤専門薬局を展開しています。
地域の患者様への貢献だけでなく、サンドラッググループ薬剤師の教育機関として独自の運営を行っています。

在宅医療への取り組み

現在の医療では「薬は薬剤師、看護は看護師」等、それぞれのスペシャリストがその力を発揮し、医師はそれら専門家の意見を聞きながら最善の治療を選んでいく「チーム医療」という形が取られるようになりました。チーム医療における薬剤師の役割は、今後も一層大きくなると考えられており、サンドラッグファーマシーズでも様々な形でその一旦を担っていきます。

コミュニケーター薬剤師の育成強化

これからの調剤薬局には医療提供施設として医師の考えをかみくだいて患者様に伝え、また患者様からの意見や情報を医師に伝える「医療の架け橋」としての役割が求められるようになっています。そこで重視され始めたのが、豊富な知識と高いコミュニケーション能力を兼ね備えた「コミュニケーター薬剤師」の存在です。サンドラッグファーマシーズでは、医師との連携や患者様への服薬指導において優れたコミュニケーション能力を発揮できる、コミュニケーター薬剤師の育成に注力しています。

コミュニケーター薬剤師の育成強化

在宅患者・老人介護施設への訪問

終末期医療が注目され、住み慣れた自宅で治療(在宅医療)を希望する患者様が増えています。また、超高齢化が進んでおり、高齢者介護施設へ入居される方も増えてきました。サンドラッグファーマシーズでは、地域社会・地域医療への貢献の一環として患者様のご自宅や介護施設へ訪問し、薬の管理や服薬指導・支援を行っています。薬局で培ったコミュニケーション能力を強みに、処方内容・副作用・合併症などの確認や患者様により伝わりやすい言葉でのご説明、そして患者様からお伺いしたお話を医師に報告します。患者様が安心してご自宅で過ごせるよう取り組んでいます。

在宅患者・老人介護施設への訪問

このページのトップへ