ページ本文へ
サンドラッグ
ホーム > サンドラッグファーマシーズ > サンドラックファーマシーズの取り組み > 調剤研修機関として
サンドラッグファーマシーズ

サンドラッグファーマシーズは調剤専門薬局を展開しています。
地域の患者様への貢献だけでなく、サンドラッググループ薬剤師の教育機関として独自の運営を行っています。

調剤研修機関として

集合教育と現場教育で徹底的に基礎を学び、専門性を高めた薬剤師たちはその後、後輩の指導や会社中枢での
業務等に活躍の場を広げていきます。身につけた薬剤師の専門性を活かし、幅広い分野で活躍しています。

専門的な知識や高度な調剤技術の習得の場

サンドラッグファーマシーズの大事な役割のひとつが、サンドラッググループの調剤研修機関として、どんな処方せんにも対応できる薬剤師を育成することです。サンドラッグファーマシーズに入社した薬剤師は、将来、調剤の真のプロフェッショナルとなり、サンドラッググループ全体の薬剤師に対して、調剤知識向上のための指導を行っています。

ご自宅や介護施設に訪問しお薬の管理やご説明も行っています。

教育を重視した経営方針

サンドラッグファーマシーズは、サンドラッググループの調剤研修機関としての役割をもって設立された会社であるため、教育に重点を置いた経営方針を持っています。将来、どんな処方せんにも対応できる薬剤師を育てるためには、多種多様な診療科目の処方せんを経験することが必要不可欠。そのため、サンドラッグファーマシーズのほとんどの薬局は総合病院や医療モール・医療ビルに隣接して設置されています。

さまざまな処方箋を経験し、薬剤師としての幅を広げる

近隣の病院の診療科目や、立地条件により薬局の業務内容は大きく異なります。そこでサンドラッグファーマシーズでは入社3年目までの薬剤師に対し、半年から1年程度の間隔で、通勤圏内での店舗異動を行っています。さまざまなタイプの薬局を経験し、あらゆる処方箋に対処できるようになった薬剤師は、その後薬局長等、後輩を指導する立場へと成長していけるのです。

さまざまな処方箋を経験し、薬剤師としての幅を広げる

調剤研修機関として適正規模の薬局づくり

サンドラッグファーマシーズでは薬剤師の配置を工夫し、1人あたり処方せん枚数を抑え、しっかり患者様と向き合い、研修にも取り組むことができる環境づくりをしています。薬剤師のプロフェッショナルを育成し続けることで、サンドラッググループ全体で安心して治療に専念していただける質の高い医療の提供を行うことが出来ます。“丁寧な接客や教育を重視したい。”サンドラッグファーマシーズのそんな想いが、現場環境にも表れています。

調剤研修機関として適正規模の薬局づくり

定期的に開催するセミナーで体系的に最新の知識を教育

研修センターにおいて習熟クラス別のセミナーを月平均1回開催し、基礎の確認から、科目ごとのポイント、最新情報まで教育を行っています。参加者はその場で疑問点を解消し、翌日には店舗での業務に活かすことが出来ます。

このページのトップへ