ページ本文へ
サンドラッグ
ホーム > サンドラッグファーマシーズ > 会社概要
サンドラッグファーマシーズ

サンドラッグファーマシーズは調剤専門薬局を展開しています。
地域の患者様への貢献だけでなく、サンドラッググループ薬剤師の教育機関として独自の運営を行っています。

社長メッセージ

時代が変わるとともに患者様のニーズは、より複雑・高度になってきています。私たちサンドラッグファーマシーズは創業以来、新しいシステムの導入やマニュアルの整理を行い、調剤薬局としてそれらに対応できるよう日々進歩してきました。しかし、いくらハード面を強化してもそれを使いこなす薬剤師が力不足では十分な効果は期待できません。
そこでサンドラッグファーマシーズでは豊富な知識と高い調剤技術、そして患者様と医師の架け橋になれるコミュニケーション能力を持った薬剤師の育成に力を入れ、そのための教育システムや体制づくりを整えてきました。
当社の社風は、現場と本社の風通しが良いところです。私をはじめ、多くの本社の社員は現場薬剤師の意見に耳を傾けるよう常に心がけ、より良い職場環境づくりやサービスの向上に取り組んでいます。

株式会社サンドラッグファーマシーズ
代表取締役社長 落合 佳宏

代表取締役社長 落合 佳宏

会社概要

会社名 株式会社サンドラッグファーマシーズ
本社 東京都府中市若松町1丁目38番地の1
代表者 代表取締役社長 落合 佳宏
設立 1955年 7月(前身(株)タイセーホームエイド)
資本金 2,000万円
売上高 42億(2017年3月期)
店舗数 20店舗(2017年3月末)
従業員数 149名(2017年3月末)(パート、アルバイトを含む)
事業内容 調剤薬局「サンドラッグファーマシーズ」の運営、医薬品の販売及び処方箋調剤、
サンドラッググループ薬剤師の調剤業務教育

沿革

1955年 前身(株)タイセーホームエイド創業
1996年 (株)サンドラッグの100%子会社となる。薬剤師調剤育成システムスタート
2001年 社名を(株)サンドラッグファーマシーズに変更
2008年 バーコード照合による調剤過誤防止システム導入
店舗管理システムを統一
2009年 カメラ監査指導システム導入開始
2012年 電子薬歴導入
2015年 音声による入力システム導入
2016年 全店AED設置
全店AED設置

このページのトップへ