ページ本文へ
サンドラッグ
ホーム > サンドラッグ

サンドラッグ

サンドラッグは「すべてはお客様のためにある」という経営哲学をベースに、「いつも健康で生き生きと暮らすこと。いつまでも若々しく美しく生きること」の人々の願いを実現するために、創業以来「安心・信頼・便利」の提供をモットーにした店作りをしています。

サンドラッグ

親切で適切な商品説明や取扱製品の品質に対する「信頼性」、店舗の雰囲気、リーズナブルで高品質の商品が生み出す「安心感」、アクセスの良い立地ですきなときに好きな商品が買える「便利性」を柱として、独自の経営システムを確立し、成長をしてきました。

駅前型

便利な街に更に活気を

活気ある街にさらに生き生きとした表情を与える駅前型店舗。多くのお客様が気軽に足を運んでいただけるよう、駅前や商店街、住宅地などのアクセスのよい立地へ出店。存在感のある店舗は、街の顔として認められています。ヘルス&ビューティエイドに特化した商品構成で、ほしい商品がほしい時に手に入れられる充実のラインナップです。リーズナブルな価格設定はもちろん、ディスプレイなども考慮し、安心して利用できる商環境を整えています。

生活者と密接に関わり合える業態も、駅前型店舗の大きな特徴。各店舗は、街の健康情報発信基地として、お客様への直接応対を心掛けています。医薬品販売においては、全店舗で積極的に健康相談やカウンセリングを実践。薬剤師を中心とした専門の教育を受けたスタッフが応対しています。

加えて、普段の生活に役立つ健康情報掲載のヘルシーニュースや、店内に張り巡らされたPOPを使い、さまざまな疾患の治療法や対応策をタイムリーに紹介。健康管理の良きアドバイザーとして、病気からダイエットに関することまで何でも安心して相談できるお店作りを進めています。


郊外型

何でも揃う「枠を超えたドラッグストア」

郊外型大型店舗には、医薬品や化粧品はもちろん、生活雑貨、衣料、ペット用品、文具、食料品にいたるまで、豊富な商品が並びます。20,000アイテムを超える多彩なラインナップで、多様化するニーズに柔軟に対応。一度の来店で生活に必要なものが全てそろえられます。地域生活者の暮らしを全面的にサポートし、より便利に親しんでいただけるお店作りを心掛けています。

また、他業種とのジョイントベンチャーも積極的に推進。サンドラッグが中心となり、スーパーマーケット、書店、レストランといったさまざまな業態との共同出店やショッピングセンター開設を進めています。大型駐車場を整備するなど交通アクセスの良さもサンドラッグの利便性を高めています。


また一部の店舗では店内に調剤薬局や健康相談コーナーを併設し、薬剤師がより安全で効果的な医薬品の提供を実施しています。健康相談コーナーでも、薬剤師たちがカウンセリングやアドバイスを通じ、付加価値の高い医薬品提供を実践。ホームドクターとしての役割を果たしています。


プラム

センスが光る「参加型店舗」

活躍する女性の暮らしに彩りを与えるプラムのお店。都市に生活する若い女性をターゲットに作られたコンセプトショップです。センスが光る商品ラインナップやディスプレイなどの店づくりは、OLや学生、ヤングミセスに留まらず、活動的に過ごす全ての都市生活者からの支持を得ています。

その一例が、化粧品のラインナップ。大手化粧品メーカーの商品はもちろん、輸入化粧品や、他の店舗では見られないユニークな商品も数多くご用意。買い物の楽しさを実感できるお店です。

プラムの大きな特徴は「参加型空間」であること。おしゃれや美容に関して優れた自主性を備えた若い女性たちが、自分らしく楽しく買い物できるよう商品構成やディスプレイが工夫されています。

いつも美しくそしていつまでも美しくありたいと願う女性たちのニーズに応えます。全店舗には美容のエキスパートである専門スタッフを配置。若い女性が持つ自主性を尊重し、それぞれにあったメイク法や商品知識を細やかにアドバイスを差し上げています。

プラムは商圏、立地、客層などに応じて単独または駅前型サンドラッグと組み合わせて出店します。地域ニーズに柔軟に対応した店舗スタイルを自由にコーディネートできるのもサンドラッグの強みです。


調剤薬局

地域医療の新しい担手

医薬分業の進展により、今後はどの病院で受診しても、自宅近くのドラッグストアへ処方せんを持っていき、薬剤師に飲み合わせチェックや服薬指導、薬歴管理をしてもらうスタイル(かかりつけ薬局)が一般的となります。地域医療におけるドラッグストアの役割はより高まり、それに伴ってドラッグストアの薬剤師にはより専門的なサービス提供が求められるようになります。処方せんチェックや服薬指導のみならず、各人の病状、体質に合った最適の薬剤を大衆薬から提供したり、様々な健康相談に応じる、いわばホームドクター的な役割を果たせなければいけません。

サンドラッグでは、時流を先取りして店内に調剤薬局や健康相談コーナーを併設し、より安全で効果的な医薬品の提供を実施しています。健康相談コーナーでは、商品販売の枠にとどまらない、カウンセリングや健康アドバイスなど幅広いサービスを提供。地域社会に密着した店舗展開を進め、地域の住民が健康に関することなら何でも安心して相談でき、どんな商品でもそろえられる貢献度の高い店舗を実現しています。


OTC+調剤のかかりつけ薬局を推進

サンドラッグが推進する調剤薬局は"門前"ではなく、"かかりつけ"の調剤薬局。サンドラッグのかかりつけ薬局はすべて市販薬(OTC薬)を販売するドラッグストアに併設され、それぞれの地域生活者に密着した調剤薬局の実現に励んでいます。現場に立つ薬剤師たちには、OTCと調剤の両面のノウハウを持った総合的なカウンセリングができるよう徹底指導。OTCの現場と調剤の現場で培った総合的な経験をもとに「かかりつけ薬局」で地域医療向上に努めています。

人々にとって永遠の願い 楽しく健康的に気持ちよく暮らすこと。そのお手伝いをするのがドラッグストアの使命です。今後は高齢化社会の到来や医療制度の改革などに伴い、医薬分業の動きはさらに活発化していきます。これからかかりつけ薬局が担う役割はさらに大きくなっていくはずです。今後もサンドラッグでは、かかりつけ薬局を推進してまいります。


このページのトップへ