それぞれの輝きが、人々を照らしやがて暮らしを、社会を変えていく。

究める人

調剤技能を究める

横溝 甚 調剤研修中

幼い頃、風邪をひいて苦しいときに、やさしく接してくれた頼りになる存在。それが薬剤師だった。就職を意識して調べていくうちに、OTC 販売で接客のスキルを磨き、調剤薬局で処方薬の知識や調剤技術を究めることができるサンドラッグに興味を持った。自分を成長させてくれる格好のステージだと感じた。

地域医療に携わる医薬品の専門家に向って
 調剤薬局で取り扱う処方せん薬は、OTC に比べて効きめが優れているものが多い反面、なかには副作用が強いものがあるので、正確な調剤作業が求められます。まず、処方せんチェック、薬歴との照合、飲み合わせチェックを行います。

 また薬剤の調製業務では、患者様が病を抱えていらっしゃることを考えれば、お待たせしないスピードも必要です。そして辛い病状を気づかう姿勢で患者様と向き合い、親切丁寧に服薬指導するコミュニケーション能力も求められているのです。今後も、地域医療に携わるスペシャリストとして要求される知識、技能を磨いていきたいと思っています。

投薬前の監査は特に慎重に

調剤実地研修で知る調剤の現場と教育環境
 私が勤務する調剤薬局の場合、周辺にいくつもある病院のその診療科によって、扱う薬の種類も多岐にわたるため、それらに幅広く対応した知識が求められます。ここに来て刺激を受けたのは、経験豊かな先輩たちでも、疑問点があればすぐに本社の調剤部やメーカーに問い合せ、積極的に自らの知識やノウハウなどを増やし、それを後輩へ伝えていこうとしていることです。

 新薬が出るときは、メーカーの担当者を呼んで、説明会を企画するなど、必要な知識を積極的に身につけ、そして伝えようと努力しています。そうした若い薬剤師を育てていこうという先輩たちの思いが伝わってくるので、私も頑張れるのだと思います。

究める人

ページトップへ