それぞれの輝きが、人々を照らしやがて暮らしを、社会を変えていく。

究める人

総合的な技能を究める

谷口 明子 調剤併設店薬局長

2 年前に結婚して、仕事と家庭を両立させている。将来、子供を産んでも、この仕事は続けていきたいという。採用の仕事を手伝った経験もあり、また機会があれば、学生のみなさんと触れ合いながら、現在の仕事の魅力を伝えたいと語る。
そのためにも、より多くの経験を重ねながら成長していきたいという。

薬剤師としてキャリアを重ねるということ
 OTC 医薬品のカウンセリング販売を約2 年間経験した後、サンドラッグファーマシーズでの調剤研修を経て、調剤併設店の薬局スタッフとして従事してきました。
OTC で培ったコミュニケーション能力と幅広い健康知識が、調剤を学ぶうえで非常に大切だったと実感しています。まだ薬局長としての経験は少ないですが、薬局内での人の動きに気を配り、それぞれが高い意識を持って薬剤師としての役割を担えるように部下の指導もしていきたいと考えています。

 たとえば投薬の際の過誤を引き起こさないためには、処方せんの受付から調製、監査、そして服薬指導に至る業務の流れ、それぞれの作業の意味を十分に理解して行うことが重要です。そうした薬剤師の姿勢を働いているみんなで共有し、互いに刺激しあいながら成長できるような環境を作っていきたいのです。そのためにも自ら率先して多彩な業務に取り組み、後輩たちがお手本にできるような薬局長になりたいと思います。サンドラッグでキャリアを重ねていくことが、薬剤師としての成長に直結することを示していきたいと思うからです。

後輩指導も重要な役割

地域社会から頼りにされる薬剤師として
 サンドラッグがめざす「かかりつけ薬局」の推進には、OTC カウンセリング販売と調剤業務に関する知識、経験を併せ持ち、どのような健康相談にも応ずることができ、どの医療機関の処方せんにも対応できる薬剤師が必要です。サンドラッグはいま、そんな薬剤師を育てながら、OTC と併設する「かかりつけ薬局」を推進しています。それは登録販売者を中心とした店舗よりも、高度な専門知識を備えた薬剤師が対応してくれる店舗の方が、地域のお客様からより高い信頼をいただける店舗になると考えているからです。地域社会に貢献するというその理想を実現するための重要な役割を、私たち薬剤師が担っていくのです。

究める人

ページトップへ