それぞれの輝きが、人々を照らしやがて暮らしを、社会を変えていく。

究める人

カウンセリング技能を究める

吉岡 咲耶子 OTC カウンセリング販売スタッフ

薬剤師としてどのような道に進むべきか悩んでいた頃、調剤実習でサンドラッグにお世話になった。ドラッグストアでの薬剤師の接客を目の当りにして、こんな仕事ができたらと思うように。サンドラッグを選んだのは、薬剤師の資格だけに注目するのではなく、自分ときちんと向き合ってくれたからだという。

地域に根ざしたドラッグストアの存在感に触れて
 私はOTC のカウンセリング販売からスタートしました。 入社して間もない頃、自分に自信が持てなくて、悩んだこともあります。しかしある時、お客様からの質問にお答えしたときに、「わかりやすい説明をありがとう」という言葉をいただき、手応えを感じました。お客様から接客の楽しさを教えていただいたのです。

 自ら積極的にお客様と関わろうと意識すると、自然に顔馴染みのお客様は増えていくものです。悩まれている症状をお聞きして、お薬をお勧めした数日後に「すごく良くなったのよ」とご報告いただく時などは、自分のことのように嬉しくなります。そして毎日懸命に働いているうちに「こんにちは」とお客様のほうから声をかけていただける数が増え、徐々に地域に根付いていくことを実感できたのは、私にとって貴重な経験でした。地域のお客様のために、さらに知識を増やそうと自然に思うことができるのです。

医薬品の選択だけでなく養生法や食生活の注意をしっかりと伝えることも大切

薬剤師としての成長に十分に配慮された業務環境
  私たちOTC 販売スタッフが担当するのは、主に、カウンセリング販売と、医薬品の管理です。お客様から症状や改善したい内容を聞き出し、最もふさわしい市販薬(OTC)を選んでお勧めします。

 また、OTCで対応できない場合には、医師への受診をアドバイスすることもあります。薬剤師としての専門知識を活かして、こうしたカウンセリング業務に集中するためには、店舗の売上や利益にとらわれない立場で、薬剤師としての役割を全うできる環境が必要です。この点、「1 店舗2 ライン制」を採用しているサンドラッグでは、薬剤師が本来行うべき業務に集中し、その専門性に磨きをかけながら、さらなるステップアップをめざすことができます。

究める人

ページトップへ