1店舗2ライン制。ふたつの役割

薬剤師の専門性を存分に発揮できる独自の分業システム
サンドラッグはここが違う!「仕事が2種類。だからスタッフも2種類!」
ドラッグストアには、異なるふたつの仕事があります。「医薬品業務部門」と「店舗経営部門」です。人の健康や生命に直接影響を与える医薬品にかかわる仕事と、企業として利益を確保しさらなる成長を目指していく店舗運営の仕事では、求められる能力が違うのは当然のこと。サンドラッグでは、店舗で働くスタッフを調剤・OTCカウンセリングスタッフと店舗運営スタッフのふたつに分け、専門業務を分担して対応しています。各自の業務に専念することで、専門性を存分に発揮できるサンドラッグの”1店舗2ライン制。2つの役割”は、業界唯一の取り組みとして、お客様により大きな「安心」「信頼」「便利」を提供しています。

薬剤師職(調剤とOTCカウンセリング販売) 薬学部出身者

お客様の症状に適した医薬の提供と調剤業務。

薬剤師職の主な業務は、お客様に最も適した市販薬(OTC)を選んでお勧めするカウンセリング販売と医薬品の管理、そして調剤業務です。専門知識を生かし、薬剤師の仕事に専念するためには、店舗の売上や利益にとらわれない立場で自分の仕事に集中することが必要。“1店舗2ライン制。2つの役割”により、薬剤師は自らの専門性に磨きをかけ、さらなるスキルアップが可能となります。

谷口明子さん
2004年入社。 現在は、調剤を併設する郊外型店舗の調剤部門で、地域のかかりつけ薬局の薬局長として活躍中。

薬剤師の業務に集中できる環境が整っている

ドラッグストアには、道行くお客様への来店促進のお声掛けや、目玉商品の大量陳列、日用雑貨品の商品補充といった、売上や利益を多く上げていくための仕事がたくさんあります。しかし店舗運営スタッフがいることで、私はそれらの業務に追われることなく薬剤師としての仕事に集中することができています。

私はOTCと調剤の両方の研修を約2年間ずつ受けた後、現在は併設店の薬局長として、調剤業務を中心にOTCのカウンセリングにもお応えしています。店舗全体を経営的観点から管理する運営店長とは、業務に関する役割や権限が明確に分かれているので、お互いの専門分野をうまく組み合わせて、店づくりを進めていくことができるのです。

薬のプロフェッショナルとしてカウンセリングに全力を注ぐ

セルフメディケーションの考え方が一般に浸透し始め、健康についての知識を豊富に持つお客様が増えています。薬局長である私は、誰よりも薬についての正確な知識を持ちどんな処方せんにも対応し、またOTCでは、お客様の症状に最も適した薬を提供できなければなりません。

日進月歩の医学の世界では、毎日が勉強。わからないことはすぐに調べたり、ノートを使って他のスタッフと情報を共有するなど、薬の専門家としてのレベルアップを図っています。お客様・患者様の健康に関する全てを担い、信頼される薬剤師になりたいですね。

店舗運営職 全学部対象

お客様に快適な売場を提供する仕事

店舗運営職の主な業務は、店舗の経営面からの運営管理。店長ともなれば、品出し・発注・店頭演出などの基本的作業全般の管理統括をはじめ、経営数値目標を達成する為の商品管理や金銭管理、スタッフマネジメント、効率的な稼働計画の推進、販売計画の策定など、店舗マネジメントに関わる多種多様な仕事をこなしていきます。エリアマネジャーやバイヤーを中心とする本部スタッフの協力の下、ご来店者数のアップや作業効率の向上を追求。販売スタッフと共に地域に根ざした店舗を作り上げていきます。

木口政士さん
店舗運営部門
2002年入社。駅前店と郊外店をバランスよく経験し、現在郊外店の店舗運営店長として活躍中。

効率を追求し皆が働きやすい環境を作る

店舗マネジメントの責任者として第一に考えているのはコストや作業、在庫など必要なものを確保し、ムダなものは出来るだけ減らしながら、店を円滑に運営すること。従業員の教育や作業割当はもちろん、在庫の管理など、皆が働きやすい環境を整えるのが私たちの仕事です。

競争の熾烈なドラッグストア業界で生き残る為には、接客マナーの向上も不可欠です。効率の追求はお客様とのコミュニケーションを取る時間を増やすことでもあります。『言葉遣い』や『笑顔』など、月ごとに改善テーマをもうけ、運営・販売の両スタッフにも積極的に声をかけながら、店舗全体でレベルアップを目指しています。

支えあえるパートナーと共にお客様に喜ばれる店舗を作っていく

私たちが安心して作業効率を追求できるのも、薬剤師を中心とした販売スタッフがいるおかげ。”1店舗2ライン制。二つの役割”は店舗運営スタッフにとっても無くてはならない制度です。

地域のお客様がドラッグストアに求めるのは、商品の安さや豊富さ、便利さだけでなく、いつでも健康相談ができ、情報やアドバイスを得られることであります。お客様の相談や疑問に対して的確な知識で答え、地域の信頼を得ていくことが、ドラッグストアの経営の柱。薬の専門家として、店舗運営スタッフよりも幅広く奥深い知識をたくさん持っている販売スタッフは心強い味方です。

会社を知る

ページトップへ