かかりつけ薬局の推進

OTC+調剤併設型 かかりつけ薬局の推進。
OTCにも調剤にも幅広く対応できる薬剤師を揃え、地域のかかりつけ薬局として安心を提供します。
サンドラッグは、ココが違う!「薬剤師をしっかり育成し、調剤併設店を推進。」
幅広くOTCを取り揃え、さらに、どこの医療機関の処方せんも受けつけるかかりつけ調剤部門を併設したドラッグストア。それが、サンドラッグが目指す店舗です。超高齢化社会が進み、健康に対する関心が高まる中で、ドラッグストアには商品の販売だけでなく、「生活者のホームドクター」として地域のお客様の身近な存在となって、総合的な健康管理を行うことが求められています。サンドラッグでは、OTCと調剤の両面での知識と技術を持った薬剤師を育て上げ、専門性の高い地域のかかりつけ薬局を推進しています。

併設型かかりつけ薬局(OTC+調剤)・ホームドクター的薬剤師 調剤と服薬指導OTCの提供/さまざまな健康情報提供

薬局長 谷口明子さん
2004年入社。
現在は、調剤を併設する郊外型店舗の調剤部門で、地域のかかりつけ薬局の薬局長として活躍中

薬歴を一括管理し、地域に安心を提供

人は、元気な時もあれば、体調に不安がある時も、病気で病院にかからなければならない時もあります。セルフメディケーションの考え方も徐々に浸透しつつあるこれからの時代には、健康に関するすべてのシーンを安心して委ねられる薬剤師が求められます。私たちはOTCまでを含めた個人の薬歴を一括管理し、薬の飲み合わせのチェック、丁寧な服薬指導、健康相談を通して、生活者のホームドクターとしてお客様に頼られる存在を目指しています。

知識と同様に、コミュニケーションが大切

薬を必要としている患者様が求めているのは、正確な投薬だけではありません。お客様にとっては、適切な服薬指導から何気ない日常会話までを含めた、心の通うコミュニケーションが大切なのです。そのため薬剤師にも、調剤の知識と技術だけでなく、患者様を気遣う優しい気持ちと、積極的に声をかけられる柔軟な接客能力が必要です。私は、これらのことをOTCと調剤の両方の現場を通して学んできたので、薬剤師として確かな自信をもって患者様と接することができるようになりました。

どんな処方せんにも対応でき、服薬指導にも健康相談にもきちんと応えられる薬剤師へ。

かかりつけ薬局を実現するポイント1 「充実の教育制度」

サンドラッグには、「OTCカウンセリング」と「調剤」の両方を集中的に学ぶことができる充実の教育制度が整っています。目標は、OTCではお客様から的確に病状を聞き出し最適なOTC薬を選択できること。調剤ではあらゆる処方せんに対応でき、きちんと服薬指導が行えること。そして、いずれにおいてもお客様・患者様の立場に立って健康相談にしっかりと応えられる薬剤師を育て上げたうえで、併設型かかりつけ薬局を出店しています。

薬剤師の標準的な入社コース

入社後はOTC店舗で約2年間でOTCに関する知識とコミュニケーション能力を習得/入社3年目~は調剤専門薬局(サンドラッグファーマシーズ)・OTC+調剤併設店で約2年間の調剤研修で、最新の調剤技術を習得/入社5年目~OTC+調剤併設店でOTCなど、調剤両面において総合的で高い技能を身につけたかかりつけの薬剤師へ

かかりつけ薬局を実現するポイント2 「専門性の高さ」

スキルの高い薬剤師が患者様・お客様と直接コミュニケーション+あらゆる処方せんの受付 薬歴一括管理 重複飲み合わせチェック=信頼と安心の専門性の高さ

医薬品や健康食品、サプリメントなどの豊富な品揃えはもちろん、サンドラッグでは高い調剤技術とカウンセリング能力・コミュニケーション能力を兼ね備えた薬剤師が、お客様、患者様ごとに専門性の高い健康相談や調剤業務を行っています。

また、どの医療機関の処方せんも受け付け、患者様一人ひとりの「薬歴の一括管理」やOTC薬まで含めた複数診療科受診による「重複飲み合わせチェック」も行い、“かかりつけ薬局”として機能します。

かかりつけ薬局を実現するポイント3 「確かな経営基盤」

サンドラッグでは、積極的に調剤の併設化を進めています。
しかし、どの医療機関の処方せんにも対応する「かかりつけ薬局」の薬剤師を教育するためには、莫大な投資と時間、ノウハウが必要となります。また、経営基盤の脆弱な企業ならば多くの医薬品在庫をかかえたり、新規の設備投資は大きな負担となり、これらの条件をクリアすることは難しくなります。サンドラッググループは安定した経営基盤のもと、調剤併設店舗の設置を着々と進めています。市場評価No.1企業へ

会社を知る

ページトップへ