市場評価No.1企業

業界のリーディングカンパニーで活躍する!
成長著しいドラッグストア業界で最もダイナミックな仕事の舞台を提供します。
サンドラッグは、ここが違う!「業界を牽引する企業でやりがいのある仕事ができる!」
競争激化するドラッグストア業界において、サンドラッグでは独自の経営システムと徹底した人材育成により、高い評価をいただき株式上場企業の中でもトップクラスの高収益性・成長性・安定性を実現しています。

数々の魅力が高い顧客満足を実現

圧倒的な安さ+親切な接客+豊富な品揃え+買い物に便利な立地+高度な専門知識=高い顧客満足

高収益・高成長・確かな安定性が生み出す企業価値

お客様がサンドラッグに抱く第一のイメージは「圧倒的な安さ」。しかしそれは、優れた企業体質を示す一例でしかありません。サンドラッグでは、最新技術を駆使して構築された高効率の物流・配送システム、企業の根幹をなす人材教育、時代を見越した業態開発など、幅広い視点から効率的経営を実践してきました。また出店に際しては、綿密な商圏調査・経営シミュレーションを行い、決して不採算店を出さない店舗展開を実践。強い土台づくりに取り組んできました。その成果として「安さ」だけでなく「豊富な品揃え」「親切な接客」「買い物に便利な立地」といったいくつもの魅力を生み出しました。成長著しいドラッグストア業界の中でも、最も将来性の見込まれる企業として高い評価をいただき、今後も発展を続けていきます。

高収益性が実現するさらなる事業展開

効率的な店舗運営・商品供給システム・高度な人材教育システムを基盤に、サンドラッググループは全国展開を進めています。首都圏近郊を中心としてきた直営店舗では、2001年に九州に上陸、2004年から中京地区へ、2005年から関西・東北地区へ。そして2006年からは山陰地区への出店が開始されました。

一方、フランチャイズ店舗は、1999年から北海道地区、2004年から北京地区で本格展開がスタート。2009年には新潟の星光堂薬局(ドラッグトップス)、九州のダイレックスを子会社化しました。その他、首都圏、山梨、四国地区などでも、目的を同じくする企業と手を結び、全国展開を推進。店舗スタッフが専門性を存分に発揮できる「サンドラッグ」が、ますます身近な地域に拡がっています。これら子会社店舗・フランチャイズ店舗には、商品供給・経営システム面をサンドラッグが全面的にサポート。その結果、いずれの店舗も目覚ましい成果を上げています。

スーパーバイザーの声

社歴が浅くても大きな仕事を任せてくれる

スーパーバイザーの仕事は、担当する店舗の売上や経費を管理し、目標を達成させること。店舗運営責任者からの報告をもとに、売上目標の進捗確認や運営上の問題点を指導しています。私が管理しているのは八王子や町田、藤沢など東京の西側にある9店舗。繁華街にある駅前型店が多く、年間の売上合計金額は60億円超。金額が大きく、部下も多いのでプレッシャーはありますが、会社が自分に期待をしてくれているという手応えとやりがいを感じています。

業界で躍進する当社で活躍できる

店舗運営責任者は店舗の経営に関するキャプテンですが、スーパーバイザーは店舗の監督。店舗を客観的に観察して、優良店へと導くために知恵を絞って様々な工夫を凝らしています。客数や販売個数が減少すれば、商品の陳列状況や、発注の精度、さらにはスタッフの接客態度もチェックして、店舗に改善指導。チラシ広告の折込地域の変更や売価決定、勤怠シフトの承認なども行います。売上等の数値管理をしていると、当社はまだまだ躍進する余地がたくさんあることを実感します。会社の成長に遅れることなく、自分も成長して、さらには自分の力で会社を大きくしていきたいですね。

会社を知る

ページトップへ