採用Q&A

あなたの疑問にスミからスミまでお答えします。気になる項目をチェック!
※皆さんから寄せられた質問をもとに、順次更新されます。

Q1 サンドラッグについて知りたい!

Q1-1.サンドラッグの経営理念とは?
A.

「一隅を照らす」。
これは、創業者故多田幸正名誉会長が、常々語っていた言葉です。社員ひとりひとりが自らを磨き高めていくことで企業自体も光輝くようになり、サンドラッグがドラッグストアとしての社会的役割を果たすことによって、社会の「一隅を照らす」ことができたら……そのような創業理念に基づいています。当社は昭和 32年(1957年)12月、世田谷区千歳船橋の商店街の一角に僅か5坪(約17m2)の個人薬局として産声をあげました。それ以来この理念に従い、私たちサンドラッグは「お店はお客様のためにある。会社は社員と社会のためにある」との経営哲学を貫き、「安心・信頼・便利」をモットーとした店作りを進めてきました。
また経営姿勢としては、厳格な出店基準を守り続け決して不採算店を出さないこと。むやみに規模拡大を図らず、人材育成をはじめとする経営基盤となるシステム作りを先行させてから出店する方針を続け、業界でNo.1といわれる高収益体質を確立し、安定した成長を続けることができました。

今後規模拡大が進んでも、ドラッグストアとして「最大より最善」を目指す企業であり続けたいと考えています。

Q1-2.社風に特徴はありますか?
A.

サンドラッグの社風には、「コスト意識」と「公平性」が根底にあります。「コスト意識」とは何でもコストを削減すればいいということではありません。無駄なものには徹底してお金を使わない、但し必要な部分にはちゃんとお金をかけて、効果を生み出すということです。「公平性」というのは、評価の公平性です。仕事の成果は店舗の立地や職場の環境で変わってくるものです。つまり社員の評価は成果だけを見るのではなく、それぞれの環境で正しい方向で努力し たのか、学ぶ姿勢を持って取り組んでいたのか、といった面から評価します。そうした公平な評価制度が、社員の士気高揚を促し、風通しの良い社風を作り上げています。

また時代に先駆けたシステム作りに取り組み、検証をしながら確実に精度を高めていく姿勢を貫いています。本格的な物流システムの導入、2階店舗を化粧品関連の専門売場とする、店舗・本部・問屋・メーカー間の情報オンラインシステムの構築など、業界に先駆け取り組んできました。業界で唯一の「1店舗2 ライン制、ふたつの役割」というユニークかつ合理性の高いシステムもそうした姿勢の中から生まれたものです。

店舗など職場の中での社風としては、若い社員が多いこともあって「意見の風通しのいい社風」であると言えるでしょう。仕事では組織上の職務が明確に割り当てられていますが、職種に関係なく仕事が終われば先輩・後輩、上司・部下関係なく仲が良いのが特徴です。「誰が言ったから正しい」ではなく「何が正しいか」といった行動の判断基準を尊ぶ考え方も浸透しています。

Q1-3.才津会長はどんな方ですか?
A.

若い頃、才津会長は、仕事に関して納得いかないことに関しては上司にも食って掛かるような性格だったといいます。そうしたこともあってか、サンドラッグ入社前はいくつかの流通業をはじき出されるように転職したそうです。才津会長が採用面接でサンドラッグを訪ね、当時社長だった故多田名誉会長に初めて会ったとき、才津会長は前職時代に大学ノート4冊にびっしり書き溜めた業務改善案を見せ、故多田名誉会長をビックリさせたそうです。厳しいまでに高い問題意識を持つ才津会長、懐深く大人の風格を持つ多田名誉会長。 約40年前の二人の出会いが現在のサンドラッグの繁栄をもたらしました。

才津会長は今でも仕事に関しては非常に厳しい姿勢で臨んでいます。合理性のない意見、甘い検証に基づく提案などに対しては、いつも鋭い指摘を投げかけています。しかしその客観的視点に基づく経営政策は、大きな説得力を持ち、「強い経営者」との印象を持たれています。

しかし、いったん仕事を離れると印象は変わります。趣味の釣りのバスフィッシングでは、同好の社員たちと年間を通じて釣果を競いだりしています。また若い社員たちとのコミュニケーションも欠かしません。こうした仕事への厳しさと親近感ある人柄が共存している才津会長は、社内外かも信頼され尊敬される存在です。

新卒採用情報

ページトップへ