登録販売者資格取得支援

「登録販売者制度」スタート! 多くの資格取得者が誕生

サンドラッグには、独立への近道があります

    薬事法の改正により、2009年6月から「登録販売者」制度がスタートしました。
    「登録販売者」の資格を持つ者が店舗にいれば、薬剤師が常駐していなくても大半の一般薬を販売することが可能になったのです。サンドラッグで1年間の実務経験をつめば「登録販売者」の受験資格を得ることができます。サンドラッグでは、薬剤師以外のすべての社員に「登録販売者」の資格取得を勧めています。受験に必要な知識教育のカリキュラムを設けるなどさまざまなバックアップを行っており、すでに多くの社員が資格を取得して活躍しています。

    「登録販売者」の資格は、都道府県の実施する試験に合格して得られる資格であり、いわば一般医薬品の販売に関しての一定の知識と経験を有していることを証明するものです。店舗にとっては、多くの資格者がいることで、お客様への信頼獲得につながります。

    そして、社員一人ひとりにとっては、資格取得と店舗での経験を活かして独立することも夢ではありません。サンドラッグは、そんな大きな夢を持って進もうとする意欲ある社員を、しっかりと支援していきたいと考えています。

教育システム

ページトップへ