OFF JT+OJT

1人ひとりのレベルに応じて、段階を踏んだステップアップを可能にします。
集合教育で最新の知識を学ぶOFF-JT。現場で実践的な技能を学ぶOJT。

サンドラッグの教育が身につく理由 頭と体を連動させた効果的な教育体制

頭で知識を覚える OFF-JT(Off The Job Training) 体で技能を覚える OJT(The Job Training)

「知識」を「技能」に変えるのは現場。先輩からきめ細かな指導を受ける。
月1回、1日8時間行われる集合教育。現場経験豊かな人材開発部の専任担当者が指導。

頭で覚えた高度な知識は、現場での使い方を自分の体で理解して、はじめて生きた知識となります。そこでサンドラッグが行っているのは、実際の業務に連動した教育です。平均月1回の集合教育で学んだ内容は、教育担当者から店長に連絡され、学んだ知識も現場で実践できるように配慮しています。また、個人の教育状況は店長と教育担当の間で常に把握され、成長に応じた指導が行われます。
集合教育で受けるOFF-JTと、現場で受けるOJTを何度も繰り返しながら、着実に力を身につけていくことができるのです。

知識教育と現場教育の連動

  • サンドラッグでは知識教育(Off-JT)と現場教育(OJT)の連動を重視した教育体制をとっています。店舗運営部門の現場では、店舗運営責任者である店長が店舗の実務を直接指導し、さらに店長に対しては、エリアマネジャーが店舗運営管理全般について指導をします。知識教育で得た業務知識を"実践しながら身につけていく"ことで、お客様が買い物しやすい環境づくり、従業員が仕事しやすい環境づくりをより確かなものとする「生きた店舗運営スキル」を身に着けることができます。

  • 直接作業のポイントを店長が指導

  • 店舗の問題点など直接エリアマネジャーが指導

教育システム