ページ本文へ
サンドラッグ
ホーム > ドラッグトップス

ドラッグトップス

星光堂薬局は、1985年に新潟県内初のドラッグストア「ドラッグトップス」のチェーン展開を開始しました。企業理念は「健康で快適な生活を提案し、地域社会に貢献する」。店舗ごとに、地域のお客様のニーズを踏まえた店作りを行うという、地域密着型の店舗展開をしています。

一方、時代の流れによって、提供方法やサービス内容、応対の仕方など、変化し続けなければいけない部分もあります。今後は、調剤併設型ドラッグストアを順次増やしていく予定ですが、これも時代に合わせた運営方法の一つです。

清潔感があり、明るく開放的な店作り

いまや、街の中には、様々なドラッグストアが数多く存在しています。しかも、扱う商品はほぼ同じ。この業界では、商品だけで他社との差別化は出来ません。
健康や美容に関わる商品を取り扱うドラッグストアにおいて、清潔感や明るさはお客様が店舗を選択する際の重要な要素です。当社ではお客様が常に快適に、楽しく買物が出来るように店舗のクリーンさにはこだわり続けています。

元気で、明るい接客サービス

接客は人が行うもの。だからこそ、当社は人材教育に非常に力を入れています。笑顔で、元気良く、明るく「いらっしゃいませ、こんにちは!」と迎えられたら誰でも嬉しいですよね。笑顔と挨拶が接客の基本と考え店舗で実践しています。
また、ただ商品を販売するだけでなく一人一人のお客様に適した商品を提供するためのカウンセリング販売も積極的に取り組んでいます。

お客様視点のマーチャンダイジング

マーチャンダイジングとは、お客様に何を(品揃え)、いくらで(価格)、どのように提供するか(販売方法)を決定することです。この中でも品揃えは最も大きなテーマと言えます。ドラッグ トップスでは医薬品、化粧品をはじめホームケア、ハウスキーピング、コンビニエンスといった切り口で、お客様の立場に立った品揃えを心がけています。

このページのトップへ