ページ本文へ
サンドラッグ
ホーム > 会社情報 > 5つのキーワード

数字で見るサンドラッグ

サンドラッグをより理解して頂くために、5つのキーワードでサンドラッグを解体します。

お店 Store Management

さまざまな販売チャネルと店内にあふれる細かな気遣い

ドラッグストアであるサンドラッグ。当然ながら店舗には魅力がいっぱい。サンドラッグの店舗は大きく分けて2つのタイプがあります。
1つ目は、国道などの幹線道路沿いに建つ「郊外型」サンドラッグ。2つ目は、商店街の中心や駅の目の前に建つ「駅前型」サンドラッグです。
「郊外型」には、幹線道路沿いに建つサンドラッグの他に食品をスーパーと同じ敷地に出店し、利便性を高めたお店がございます。「駅前型」には、従来のサンドラッグの他にコスメやファッショングッズが充実した、女性をメインターゲットにしたコンセプトショップ「プラム」などのスタイルを持つことで、多くのお客様のニーズに細やかに対応しています。

そしてさらに、サンドラッグが現在、注力しているのが、調剤薬局を併設した"かかりつけ薬局"。高齢化社会の到来に伴う医薬分業の進展や医療制度の改革により、今後かかりつけ調剤薬局部門が担う役割はさらに大きくなっていきます。サンドラッグでは専門技能を備えた薬剤師社員たちが服薬指導やカウンセリングなどを通じ、付加価値の高い医薬品提供を実践。いわば"生活者のホームドクター"としての機能を果たし、ドラッグストアにふさわしい社会的信頼に応えようと日々努力を続けています。

PB商品 Private Brand

オリジナル商品だからできる

地域の生活者と真摯に向き合う姿勢で得られた多くの声を形にしたPB商品たち。
直接生活者と触れ合うことができる小売業だからこそ得られたニーズをもとに、医薬品や化粧品、生活雑貨などのPB商品の開発が進められています。
開発担当者は商品に応じた専門メーカーとタイアップし、精度の高い商品を作り上げていきます。企画、製造、流通とサンドラッグが一貫して管理するため、余分なコストが発生せず、リーズナブルでありながら、お客様が本当に求めている商品を作り出すことができます。

サンドラッグではすでに20年以上前からPB商品の開発に取り組み、現在は、医薬品を中心に約380アイテムを超えました。
その多くが各商品カテゴリーのトップブランドになっています。
今後も商品力の高いPB商品の開発を意欲的に進め、生活者のニーズに応えていきます。

ネットワーク Network

さらにひろがるネットワーク

北海道をはじめ、全国に広がるサンドラッグのフランチャイズ店舗。現在、フランチャイズ展開は、他業種との共同展開で、柔軟な形で進められています。
特に集客力アップを期待してサンドラッグFCシステムを導入した食品スーパーは、いずれも短期間のうちに目覚ましい成果を上げ、継続的な事業展開がされています。

2008年3月から愛媛県を中心に展開している(株)大屋もフランチャイズに加わり、そして、2009年9月に新潟県でドラッグストアを展開している (株)星光堂薬局を、更に同年12月に、九州地区(含沖縄)、中国・四国地区でディスカウントストアを展開するダイレックス(株)を子会社化いたしました。

今後、さらに積極的に進められる出店活動を、より確かなものとする強固な経営基盤が確立されています。

物流体制 Logistics System

ローコストオペレーションの要

企業の生産性向上の重要な鍵を握るロジスティクス。
経営に与える影響の大きさから、今やあらゆる業界で物流体制の改革が進められています。
サンドラッグでは業界に先駆け、80年代の初めから本格的な物流システムの設置を推進。本社ホストコンピュータを中核として、全店舗・物流・ベンダー(メーカー・卸)を結ぶ情報オンラインシステムを構築。在庫センター(DC)と、経由センター(TC)を組み合わせて効率的な配送を実現しています。

この物流システムは、業界最大級の規模を誇り、大量の出庫・検品作業が効率良く行える最新システムが導入されています。時間的ロスの少ない夜間配送を行い、店舗へ届けられた商品は既に検品作業が終了しているため、店舗では陳列するだけで済み、店舗作業を大幅に軽減します。

その結果、企業全体の生産性向上、収益の確保に多大な貢献をしています。北海道、東北、新潟、東海、近畿、四国、九州にも設置され、今後の全国展開を支えています。

全国展開 The Whole Country

全国どこでもサンドラッグの魅力を

効率的な店舗運営システムと安定した商品供給体制を強みに、サンドラッグは積極的に全国展開を進めてきました。平成11年に北海道でフランチャイズ展開を開始、平成13年には九州に初出店、平成20年には新たに四国地区でフランチャイズ展開を開始、東北、東海、近畿、中国地区への出店を行い、事業基盤確立を果たしています。これまでの出店は44都道府県になります。

進出を果たした各地で、サンドラッグは台風の目となっています。それは、競争の最も激しいと言われる首都圏地区で培われた価格競争力と充実したサービス体制によるものです。これらは、サンドラッグが創業以来、築き続けてきた効率的経営システムと人材育成システムによって生み出されました。これからも全国のお客様によりリーズナブルで良質な製品と優れたサービスをお届けできる体制づくりを進めています。

全国へと拠点ネットワークが拡大することにより、サンドラックの経営基盤はより太くより強靱に。これからもサンドラッグは、お客様により良いサービスと商品を提供することを第一義に事業基盤を拡大・充実させていきます。

このページのトップへ